HOME  »スポンサー広告 »スポンサーサイト

髪のトラブル解決 »2種類のフケ症について


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2種類のフケ症について

 フケ症には大きく2つのタイプが存在します。このタイプによって、治療方法や予防方法が決まってきますので、頭に入れておいてくださいね。スーツや制服などを着ていると、自分はもしかしたらフケ症なのではないかと感じることがはあるかと思いますが、ついつい見過ごしがちなフケ症、この機会に是非向き合ってみてください。

 さて、フケ症の2つのタイプですが、これは乾燥タイプと脂漏タイプに区別することができます。


A) 乾燥タイプ
このタイプは、パラパラとした感じのフケが出るタイプです。服の肩の辺りに落ちて、見るからにフケだとわかるタイプですね。この乾燥フケの場合は、必要以上に洗髪しすぎたり、爪を立てて頭皮を傷つけるような洗い方などをした場合に出ます。あるいはドライヤーを使用しすぎた場合などです。つまり、とくに疾患というわけでなく、日常生活の結果によって発生しているわけです。ですから、比較的予防しやすいタイプです。

B) 脂漏タイプ
頭皮に分泌する皮脂の量が多い場合に起こります。頭を掻いたりした際に、爪にフケが溜まったりする場合は、この脂漏タイプだと考えてください。この脂漏タイプのフケ症の方は乾燥タイプより多いと言われていますが、厄介なことにしっかりした予防法や治療を行わないと、なかなか治らないようです。


 最後にこれらのタイプによるフケ予防対策ですが、乾燥タイプの場合は頭を掻きすぎない、洗髪時には爪をたてないという基本的なことが大切です。また、男性に多い脂漏タイプですが、こちらは日常の対策というよりは本格的な対策をとるべきです。その対策についてはまたお伝えしますが、他人から見て気になる乾燥タイプの方は、前述の対策をしっかりとっていきましょう。爽やかさはそこからです!

フケ症 予防 対策 洗髪 フケ


motetay

HOME  »スポンサー広告 »スポンサーサイト

髪のトラブル解決 »2種類のフケ症について

RSSとは、登録(もちろん無料です)していれば、下のボタンを押すだけでサイトの記事等が更新された際に、ニュース速報のように知らせてくれるシステムです。代表的なものに、Yahoo!さん、Googleさん、エキサイトさんなどがあります。
詳しくはこちら→RSSとは?

ソーシャルブックマークは、お気に入りをWEBに保存できるサービスです。
もし、当サイトや各記事を気に入っていただけたら、トップページか各記事のページにて、下のボタンのどこかをお選び下さい。そのサービスの会員ならすぐに、まだ会員でない方も、会員登録(無料)をしてからブックマークの保存ができます。便利ですので、是非ご利用下さいね。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。