HOME  »スポンサー広告 »スポンサーサイト

筋力UPと身長UP方法 »筋肉痛や怪我中の筋トレ方法


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

筋肉痛や怪我中の筋トレ方法

 今回は、筋肉痛や怪我をしている時の筋トレについて取り上げてご説明します。

 特に筋トレを始められたばかりの方に多い誤解としては、筋トレをして筋肉痛になった筋肉を更に痛めつけることで筋力が発達するというものです。これは全くの誤解で、逆に筋力が落ちたり、怪我の元となってきてしまいます。

 確かに筋トレ直後は筋肉が張るため、一時的に筋肉がついたように見えます。ですから、その状態で筋肉痛を同時に発症していると、「筋肉痛=筋肉発達の好機」だと誤解してしまうのです。

 筋肉というのは、傷ついた筋組織を回復させることで、どんどん発達していきます。これは広く「超回復」と呼ばれていますが、筋トレによって痛めつけられた筋肉を、48時間程度じっくり回復させる過程で、次第に筋肉が発達していきます。

 筋肉痛というのは、まだ回復しきっていないという何よりの証拠です。ですから、もし48時間を越えてもまだ筋肉痛があったり、あるいは違和感が残っていたりしたら、しっかりと回復させるまで待たなければいけません。

 ですが、せっかく始めた筋トレなのに、回復期で休んでいることがモチベーションの低下に繋がってはもったいないですよね。あるいは怪我などをしてしまった時にも、できることならダイエットやマッチョを目指したいですよね。

 そんな時には、筋トレする部位を曜日ごとに決めて、効率的にトレーニングするようにしましょう。

 例えば、初日は腕から肩、2日目は腹筋と背筋、3日目は足の筋肉といった具合です。そうすれば、回復期にあてている間に他の筋トレができますし、サイクルが終わったときには始めに筋トレした筋肉が回復しているはずです。これはつまり、筋肉痛の間には別の筋肉を筋トレできるということですよね。こうすれば、モチベーションを維持しながら、「筋トレ→超回復」のサイクルを効率的、かつ効果的に行うことができます。

 引き締まった男らしい体というのは、特にモテたいと思う方にとっては理想ですよね。そうでなくてもかっこいい体型は健康増進にも自信向上にも繋がります。理想の体を手に入れるように頑張りましょう!

筋トレ モテ 超回復 筋肉痛 方法


motetay

HOME  »スポンサー広告 »スポンサーサイト

筋力UPと身長UP方法 »筋肉痛や怪我中の筋トレ方法

RSSとは、登録(もちろん無料です)していれば、下のボタンを押すだけでサイトの記事等が更新された際に、ニュース速報のように知らせてくれるシステムです。代表的なものに、Yahoo!さん、Googleさん、エキサイトさんなどがあります。
詳しくはこちら→RSSとは?

ソーシャルブックマークは、お気に入りをWEBに保存できるサービスです。
もし、当サイトや各記事を気に入っていただけたら、トップページか各記事のページにて、下のボタンのどこかをお選び下さい。そのサービスの会員ならすぐに、まだ会員でない方も、会員登録(無料)をしてからブックマークの保存ができます。便利ですので、是非ご利用下さいね。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。